交換や修理で耐震性を高める

耐震補強リフォームでは、壁や床などのほかにも多くの箇所の工事を行います。屋根なども耐震性能に関係してくるので、自分の住宅の屋根の耐震性は本当に充分であるかをしっかり確認するようにしましょう。
壁や床などに耐震補強を施したとしても、屋根の耐震性能が低ければ意味がありません。… Read more

壁の重要性

リフォームはすでに建築された建築物にあとから手を加える方法になります。ですので、リフォームで建築物に手を加えることには限界があります。
建築物n耐震性能を高めるためには、基本的には基礎部分への補強工事が必要になってきます。しかし建築物の基礎部分には建築後は中々手を加えることは難しくなっています。ですので、耐震補強リフォームの際には基礎部分への追加工事を行うことはほとんどありません。
耐震補強リフォームの際手を加える範としては、おもに壁や天井や柱などの箇所になります。… Read more

安全性を高めるために

現在地震の多い日本では、建築物の耐震性の重要性が求められています。耐震性能の低い建築物については、耐震性を向上させるための耐震補強リフォームが推奨されています。
耐震補強リフォームを行うことによって、建築物の安全性を高めることが可能です。建築物の安全性を高めることによって、安全な建築物の中で日々を過ごすことが可能になります。また、災害時に関しても二次被害の拡大を防ぐ効果があります。
ここのように、現在の建築物では耐震性が重要視されていることが分かります。
建築物の中でも、特に生活中心である住宅に関してはより高い耐震性能が必要になってきます。… Read more

オススメリンク

index[0]

アーカイブ
カテゴリー